アトラの下落による損失を冷静に振り返り【株売買メモ】

■対象銘柄
アトラ

■時期
2016年9月

■購入理由
平均1,200円程度で購入。
エムスリーやエス・エム・エスのような特定ヘルスケア領域特化で網羅的な事業展開から、似たような成長を描くのではないかと期待した。
PERは30倍程度だったが、成長株としては問題ないと判断していた。

■結果
850円ほどで全株損切。60万円ほどの損失。
1年経過した2017年9月時点では650円ほどにさらに下落が続いており、損切は少なくとも現時点では正しかった。

■なぜ失敗したのか?
網羅的な事業展開に見えたが、売上利益の大半がFCの新規加盟料に頼っており、FCの加盟店を増加させ続けないと利益が伸びない状態にあった。
新規開拓に頼らず既存FC店からのロイヤリティやシステム利用料だけで売上利益を伸ばすにはかなりの店舗数が必要ということを見誤っていた。
FC加盟者の募集は他のビジネスモデルとの競合も激しく、容易には進んでいなかった。
・ビジネスモデルを正しく理解していなかった
・ビジネスのボトルネックを見誤っていた
という点で初期の株式投資の典型的な失敗事例になった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする