マイルール:株を買っていい値動き、売って良い値動き

株価の値動きが起きた時、上がれば売りたくなるし、上がっているから買いたくなる。
下がっているから買いたくなるし、下がっているから手放したくなる。

短期は放棄する方針もいいが、パフォーマンスの最大値を取りに行くならば一定はタイミングを見計らう必要がある。
その際の売買して良いとき、いけない時をまとめてみた。

===
株価の上昇はいくつかの種類がある。
①マーケット全体の上昇
②公式ファンダメンタルズの向上
③予想ファンダメンタルズの向上
④材料の発露
⑤当該株のPERの向上

①マーケット全体の上昇(ステイ)
これを理由に売るのは難しい。

②公式ファンダメンタルズの向上(ステイ)
主に四半期決算で上方修正、来期の増益予想がなされること。
これは増益分の株価の上昇では売ってはいけない。
また増益によるPERの向上も一定は起きるため、あまり売るべきではない

③予想ファンダメンタルズの向上(ステイ)
四季報や各種アナリストレポートなどにより上方修正・増益の確度の高い発表がなされること。
これも公式ファンダメンタルズ同様売るべきではない。
ただ予想の精度はまちまち。四季報は確度が高い(その分反映が遅い)

④材料の発露(売り)
新規事業の発表、提携の発表、類似業界でのヒットからの連想的な値動きなど
将来的に利益につながる可能性はありそうだが、すぐにファンダメンタルに繋がら無さそうなIR。
これは最も思惑で上がってピークを付け、急落するパターンになりがち。
あとあと追いついてくることもままあるが、理想的なのは思惑のピークで一度売ること。
経験上、買い場は必ずもう一度来る。

⑤当該株のPERの向上(ステイ)
これは難しい。多少スイングしたくなる。
結果実りは小さいが、経験上多少のプラスは出る。

==
逆に株価の下落も同様の種別がある。

①マーケット全体の下落(段階的に買い)
基本的には段階的に余力のCPで買いに向かう
しかしセリクラで狼狽しないよう、余裕を維持している前提で。

②公式ファンダメンタルズの下落(個別判断)
減益、もしくは見込みよりも少ない利益だった場合。
想定の範囲内であればステイ。成長の範囲内であれば買い。完全に想定から外れたら損切。

③予想ファンダメンタルズの下降(個別判断)
四季報や各種アナリストレポートなどにより下方修正・減益の確度の高い発表がなされること。
これも公式ファンダメンタルズ同様に判断。

④悪材料の発露(個別判断)
規制、競合の躍進など当該株自体に何か変化は起きていないが、今後影響を及ぼしそうな外部環境の変化
個別判断。

⑤当該株のPERの下落(買い)
人気があって過熱していた株価が標準的な水準に下がる。
これは段階的に買い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする