妻・子の課題に対して「受け入れる」べきか、「励ます」べきかという問題

受け入れるべきか、励ますべきか

妻や子どもという極めて身近で、自分にとって重要な存在が悩み、課題を抱えたときにどうしますか?
勉強や仕事がうまくいかない、いじめられているなど、人間関係や仕事・勉強における課題を抱え、大きく悩むことがあると思います。
このような時、その課題、悩みを受け入れるべきか、励ますべきかというのは非常に難しいことだと気付いたため、記録として残します。

例1:妻の仕事が上手くいかない

30代の妻、子どもを育てながら働いています。
子育てをしながらなので20代のころのように全てを犠牲にして仕事に打ち込めるわけではありません。
そんな状況で、仕事がうまくいかないと妻は悩んでいます。うまくいかず、自己嫌悪に陥り、仕事を辞めたいという相談をしてきました。

子どもを持つ女性の転職は難しく、家庭としては働いてもらったほうが助かります。
しかしあまりに辛いという妻の悩みを我慢しろというのもどうしたものか。

このような時どうしますか?
一緒に頑張ろうと励ましますか?
それは仕方がないと、受け入れますか?
自分で決めたら良いよと判断を委ねますか?

例2:子どもが学校でいじめられている

小学生の子どもがどうやらいじめられており、学校に行きたくないと言っています。
親から見る限り、そこまでひどいいじめでも無さそうですし、一過性のもののようにも思います。

子供のためを思うとそのような状況を乗り越える経験はプラスに働くのか、
しかし我慢させた結果自殺してしまうなど、取り返しのつかない状況に陥ってしまうリスクは無いのか。

このような時どうしますか?
もう少し頑張ってみようと励ましますか?
それは仕方がないねと受け入れますか?
自分で決めたら良いよと判断を委ねますか?

このようなケースで悩む理由

受け入れるべきか、励ますべきか。
この2択で悩む理由を整理してみましょう。

・辛さの程度が理解できない
 →同じ環境にいないし、自分にはそこまで辛いとは思えないため、すぐに受け入れることができません。もっと頑張ったほうが良いのではないか?という

・乗り越えると成長につながると期待してしまう
 →妻や子どもという大事な存在だからこそ、できれば強くなってほしい、成功してほしいと思ってしまいます。そう思えば思うほど、悩みを受け入れるより、励ましたくなってしまいます。

・一方で最悪の事態を恐れる
 →上記の通りできれば乗り越えてほしいから励ましたいけど、鬱になる、自殺しちゃうなど、最悪のケースは避けたいから、無責任に励ますことができません。

ではどのような対応がベストでしょうか。

私が考える良い対応

これはバランスの問題なので100点の回答というのは無いと思います。
その中で相対的に良い対応ではないかと思うのは次のとおりです。

①まずは意見をせず、本人に適切な回答を出せるようにサポートする
コーチング、ヒアリングに徹し、論点を整理してあげ、まずは本人にとって本当にその判断が良いのかということをしっかり考えさせてあげるのが良いと思います。
まずこのプロセスを踏むことで、過剰に感情的になったり、場当たり的に誤った判断をしてしまうことを防ぐことができるようになると思います。

②原則として彼らが出した結論を尊重する
しっかり思考を整理した上で出した結論であれば、その結論を尊重したほうが良いと思います。
結果として良くない判断をしてしまうこともあるでしょう。しかしその判断の結果で学ぶこともきっとあるはずなので、きっと彼らは成長してくれるはずです。

妻・子どもという大事な存在だからこそ、コントロールするのではなく自律してもらい、その結果を受け止めてあげるという度量を持ちたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする