「株で儲けた」という話を聞いて羨ましくなった時に思い出すべき話

株で儲けたっていう友人いませんか?

株で儲けたとか、そういう濡れ手に粟のような、景気の良い話をする知り合いとかいませんか?
そしてそういう話を聞くと、羨ましいというか、ムカつくというか、損してしまえとか、思いませんか?

今日はそういう話を聞いた時に思い出すべき話をしたいと思います。

ところで僕は先月株で80万儲けました

僕は先月(2017年1月)に株で80万儲けました。投下している資産に対してはかなり利益率は高い状態です。
僕の株歴ももう5年。そろそろ儲け方とかが分かってきた気がするし、今後も利益を拡大させていけるような気がします。

しかし、今月で先月の上昇分はなくなりました

今月(2017年2月)に入り僕の所有している株価は下落。先月プラスになった80万円分はゼロに戻りました。

僕の体外的な発言

僕は周りの仲の良い友人と雑談をしているときに、
自然と1月は気分が良いから、「持っている株の株価が上がってるわ~」といいます。
自然と2月は気分が良くないから、何も言いません。

結局いい話しかしない

結局周りにはいい話をすることが多くなり、悪い話はしない傾向が人間にはあるっていうことなんでしょうね。
SNSとかは特に顕著な気がします。
だから周りに羨ましいやつがいたとしても、今回の話で言うところの、「20万円上がったタイミング」の話を聞いただけだと思って、スルーしといて、自分は嫉妬とか抜きに、健全な努力を続けたほうが良いと、自分を省みて思うわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする